教師のバトン(ツイッター)でのまとめ!内容は批判的なものが多い?

教師のバトン ツイッター まとめ 内容 批判 ニュース
スポンサーリンク

 

こんにちは、レンです!

今回文部科学省が開催した教師のバトンという企画が話題になっていますよね。

どうやら、教師の魅力をもっと広げるための企画でしたが、実際にツイートされたのは教師の過酷な勤務経験をはじめとする教師という職業に対する批判的な意見が目立ったようです。

今回は具体的にTwitterでどのような意見が出たかをまとめてみました。

教師のバトンでは批判的な内容が多かった

文部科学省が教師の魅力を知ってもらうために企画したツイッターのハッシュタグを使ったものです。

#教師のバトン  とつぶやくことで、教師の仕事はどんなものなのか、必要な知識や心構え、楽しさといった教師に対するいろいろな話を見れるようです。

ハッシュタグで見たい情報を集めるというのはTwitterでは定番ですが、教師についてのハッシュタグを用いた企画は今まででもあまりなかったのではないでしょうか?

そう考えると普遍的なようで画期的な印象ですよね。

そんな本企画ですが、前述したとおり、教師の労働環境をはじめ、当初の魅力を知ってもらう、という狙いに対して批判的な意見が多く目立っているようです。

スポンサーリンク

教師のバトンの内容まとめ

ここからは教師のバトンで実際に投稿された内容を見ていきましょう。

教師の労働環境については以前からテレビなどでも話題になっていたので、最近悪化したというわけではないと思います。

最近は数年前よりSNSでの拡散力が大きくなってきたし、今回の教師のバトンのようなSNSを使った企画によって、多くの人に知られるということになったのでしょう。

まとめ

今回の話をまとめると、

  • 教師のバトンは文部科学省が行ったツイッターのハッシュタグを使った企画
  • 予想とは反して批判的な内容が多くなってしまった
  • SNSが生活に浸透したことでより教師の労働環境が明るみになってきた

実際教師になるとやったこともない部活の顧問に入れられる人もいますし、授業に慣れていない人は毎日授業の準備をする必要があって、自分の時間を確保することが難しそうですよね。

教師になりたいという人には目をつむりたくなるような内容が出てくるでしょうが、見てみるのもいいですね。

また、教師になる予定がない人でも、社会を知るという意味では見てもよい経験になりそうです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました