週休三日制度はいつからで何曜日になる?給料面でデメリットはある?

週休三日制度 いつから 何曜日 給料 デメリット ニュース
スポンサーリンク

 

こんにちは、レンです!

今回日本政府が週休三日制度を前向きに検討するというニュースで話題になりましたよね。

今回は週休三日制度が実現はいつで一体何曜日が休日になるのか?

そして休日が増えることで給料にどんなデメリットがあるのかを話していきます。

週休三日制度はいつから?何曜日が休みになるの?

今現在は検討中とのことで、そもそも週休三日制度が実現するかどうかも決まっていません。

しかし週休三日制度が実現した場合には、早くとも4月に続報が発表されるようです。

そのため、今日4月7日に発表されたので、4月の後半にはまた新しい情報が発表されるのではないでしょうか?

週休三日制度では休みは何曜日になる?

もし実現したら何曜日になるか気になりますよね。

実際に何曜日になるかはまだ決まっていないようです。

個人的には仕事や学校が月~金曜日と5日続くことを考えると水曜日木曜日あたりがモチベーションを保つためにもよさそうですね。

しかし、なんとなくですが、土曜日と日曜日に重なる金曜日、あるいは月曜日になるんじゃないかとなんとなく思います。

スポンサーリンク

週休三日制度で給料にデメリットはある?

週休三日制度になるともちろん働く日が1日少なくなるわけですから、その分給料が落ちそうな印象ですよね。

実際に給料が減ると生活水準が下がるので、食事代や趣味に使うお金が減る印象です。

しかし、休みが増えることで自由な時間が増えるので、今までできなかった趣味が増えたり、

仕事に対するモチベーションが上がることで仕事に良い影響がありそうです。

給料が減る会社もあるでしょうし、仕事の密度が増したり、余裕ができたりで結果給料が上がることも考えられます。

一概に給料にデメリットがあるとは言えませんね。

週休三日制度には賛成、反対のどちらもまっとうな理由があり、実現するかどうかの判断は難しそうですね。

まとめ

今回の話をまとめると、

  • 週休三日制度は4月の後半に続報が来そう…
  • 個人的には水曜や木曜が休日になってくれるとありがたい…!
  • 休日が増えることで給料が上がることも下がることも考えられ一概にデメリットがあるとは言えない!

休みが増えることで自分を見直す時間が増えるわけですし、ぜひ実現してほしい制度ですよね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました