ユーチューバーのパーカーが出した本の売上は?ツイッターで感想をチェック

ユーチューバー パーカー 出本 売上 ツイッター 感想 芸能
スポンサーリンク

こんにちは、レンです(^^)!

パーカーさんは去年2019年にユーチューブを初めてたったの3か月で登録者10万人を突破し、今は約50万人も登録者のいる今注目のユーチューバーです。

そんなパーカーさんは自分のぼっち生活だったり、普段思っていることについて書いた
「ひとりの時間が僕を救う」というエッセイ本を出しました。

今回はこの本がどのくらい人気なのかについて、そして本を読んだ人の感想について話していきます。

パーカーさんの本は発売月から大人気だった!

パーカーさんが執筆した本は今年2020年の6月に発売されました。

そして同月に3度目の重版がされるほどの人気で、売り上げは新しく本を出版した方の中でもいい方ですね。

本のボリュームも値段も手ごろな価格で、メインユーザー層の大学生中心の若者にも読みやすい内容となっています。

出版社も角川さんということで売られている書店も多く、購入しやすそうですね。

スポンサーリンク

本を読んだ人の感想

ユーチューバー パーカー 出本 売上 ツイッター 感想

次にこの本を読んだ人の反応です。

パーカーさんはぼっちとして日々の生活を動画で紹介していることからも、
ぼっちでもポジティブに生きていける、
ぼっちだからこそ思う部分を読んで救われ、共感した人が多いそうですね。

実際に一人でいると自他ともにネガティブな印象を持ちがちですが、
パーカーさんはその考えを覆し、優しく悟らせてくれる人に感じられます。

まとめ

今回の話をまとめると、

  • ユーチューバのパーカーさんが書いた本は重版がされるほどの大人気!
  • 内容的にも若者にも読みやすいボリューム!
  • 一人でいることをネガティブにとらえがちな人にとっては励みになる内容!

こんな感じです。

実際に一人でいると人と話す機会がなくて悲観してしまいますが、
一人のほうが自分のやりたいことを思いっきり楽しめるから、ぼっちだからこその楽しみもありますよね。

パーカーさんの本が気になった人はぜひ読んでみてください!

 

では今回はここで失礼します!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました